風俗女性スタッフ(女性講習員・女性店舗スタッフ等)の求人について

風俗女性スタッフの求人について紹介します。
※この記事の風俗の女性スタッフとは、キャスト=風俗嬢のことではありません。
事務作業や講習員、面接官などに従事している女性の風俗スタッフを指します。

風俗女性スタッフの需要は増えている

風俗スタッフというと男性のイメージがありますが、実は女性の風俗スタッフが最近急増しています。
大手の風俗グループでは女性スタッフを大量に採用しており、一つの店舗に一人以上の女性スタッフが在籍している風俗店もあります。

風俗の女性スタッフは元キャストが多い?

風俗の女性スタッフは大半がもともと風俗キャスト(風俗嬢)として働いていた経験がある方です。
元キャストのほうが風俗スタッフの仕事を理解していますし、キャストの気持ちもわかるため経験が役立ちます。

ただ、一般事務のスタッフなどでは全くキャストとしての経験がない女性風俗スタッフも働いていることもあります。

風俗の女性スタッフの仕事内容

風俗の女性スタッフの仕事内容について紹介します。

店舗スタッフ

風俗の女性スタッフでも、男性スタッフと同じように店舗スタッフとして働いている方もいらっしゃいます。
中には店長やマネージャーなどの管理職に出世する風俗の女性スタッフもいます。

講習員

ソープランドやエステなどでキャスト(風俗嬢)に技術を教える方のことを講習員といいます。
講習員は女性スタッフであることが多く、キャストとして働いた経験があることが条件になります。
女性講習員は大きなグループ店の場合はお店に雇われていることもありますが、フリーランスとして契約していることもあります。
マットプレイやマッサージなどの特殊な技術は講習員から教えてもらわないと習得できないため、女性講習員は重宝されます。

面接官

大手の風俗グループでは、面接官を女性が担当することもあります。面接のみを行っている部署があり、キャストの面接は全て女性スタッフが担当します。
風俗未経験の方はやはり男性相手だと怖がってしまうことが多いようで、女性スタッフを面接官に登用する動きは今後加速する見込みとなっています。

メンタルサポート

その他、キャストの相談係など、女性スタッフがメンタルサポートを担当している風俗店もあります。
男性スタッフだと相談しづらいこともいろいろとあるため、女性スタッフがメンタルケアを行ったほうが良い結果が出ることもあります。

風俗女性スタッフの求人はどこで応募する?

風俗女性スタッフは男性用求人サイトから応募することができます。
一見男性しか採用していないように見えますが、実際は女性を採用したいと考えている風俗店は多いです。

また、女性スタッフを積極採用していることを前面に打ち出している風俗店もあるため狙い目です。

女性講習員に関しては公式HPで講習員を募集している風俗店があるため、根気よく公式HPをチェックしてみましょう。

他にも、意外と多いパターンは風俗店に勤務していたキャストがそのままスタッフとして採用されたり、昔働いていた風俗店のスタッフに応募して採用されるということもあります。

また、最近ではTwitterなどのSNSで女性スタッフに応募する方もいるそうです。

風俗女性スタッフはセクハラなどはある?

風俗女性スタッフは基本的にセクハラなどはありません。もちろん男性社会なのでそういうことがあるお店もありますが、風俗系だからといってそういうことにだらしがない男性スタッフばかりというわけではないです。

特に大手の風俗グループではほとんど普通の会社と同じ雰囲気なのでセクハラにあうこともほとんどないと言えます。

まとめ

風俗の女性スタッフの採用は今後ますます増加していくでしょう。また、店長やマネージャーなどに出世していく女性スタッフもいらっしゃいます。

求人サイトからでも女性スタッフに応募できます。

関連記事

TOP
TOP