風俗スタッフの年収・給料について【THE GIBSON】

風俗男性スタッフの年収・給料について説明します。

風俗男性スタッフの給料や年収についてわかりやすく解説!

風俗スタッフの役職・勤続年数 もらえる月収・年収
一般スタッフ(初任給~1年目前後) 月収25万円~35万円・年収300~400万前後
マネージャー(1年~3年前後) 月収40万円前後・年収500万前後
店長 月収50万円~80万円前後・年収600万~800万前後
役員クラス 月収100万円以上・年収1000万円以上

風俗スタッフの年収・給料は当たり前ですがお店によって大きく異なります。
数十店舗の風俗店を経営しているグループ企業と個人経営の風俗店とではおそらく倍以上年収が違うでしょう。
ですが、だいたい平均的な給料水準は上記のようになっています。

風俗一般スタッフの収入

まず、一般的な風俗スタッフ(内勤スタッフ)の収入について説明します。
風俗スタッフの初任給は25万円~35万円です。その後勤続年数や役職に併せて昇給していきます。
昇給スピードはお店によって異なりますが、数か月でマネージャークラスに出世していく風俗スタッフもいます。

マネージャースタッフの収入

風俗スタッフの初任給は30万円前後ですが、マネージャークラス(主任)に出世すると40万円前後にアップするお店もあります。
このあたりの収入体系はお店によって異なりますが、勤続1年ぐらいたつとお給料もだいぶアップする風俗スタッフ求人が多いです。

風俗店長の収入

風俗店の責任者である店長の収入は50万円~80万円前後となっています。グループによっては売り上げに比例してインセンティブがもらえる企業もあります。このため、1千万円以上稼いでいる店長もいます。ただ、基本給は50万円前後であることが多いです。

役員の収入

役員とは店長のさらに上のポストになります。エリアマネージャーやグループ統括などと呼ばれることもあり、店長をまとめる存在で経営などに深くかかわります。
風俗スタッフの最終進化系のようなもので、大手の風俗グループになるとたいていこのポジションがあります。

ようやくこのポジションになると年収も1千万以上となります。もちろんグループによっては年収数千万円以上稼げることもあります。

年収1千万円は不可能?

風俗男性スタッフの求人ページには「年収1000万円」などと高収入をアピールしている企業がほとんどです。
ですが、上記の表を見ると年収1000万円以上もらえるの役員クラスにならないとダメなことがわかります。

まず最初に風俗スタッフに入社しても、初任給は25万円~35万円程度です。もちろん、この金額でも未経験職種なら多い方ですが、年収1千万にはほど遠いです。

さらに、店長クラスでも月収は50万円前後で、儲かっているお店でも月収80万円前後、1000万円にギリギリ届くか届かない程度です。
もちろん、この部分もお店によって異なりますが、店長クラスの風俗スタッフでも年収1000万円に到達する人は意外と少ないのが事実です。

風俗スタッフの給料は高い?

風俗スタッフの給料はパット見高く見えます。誇大広告の年収1000万円はもらえないにしても、初任給で30万円以上もらえる求人はなかなかありません。ですが、風俗スタッフは拘束時間が長く休みが少ないです。このため、時給換算すると実は最低時給とあまり変わらなかったりします。
つまり、風俗スタッフの給料はそこまで高いものとは決して言えないのです。

風俗スタッフの年収はすぐに上がっていく

ですが、風俗スタッフは高収入であるということについては、100%間違いではありません。なぜなら、風俗スタッフは出世スピードが異常に早いからです。風俗スタッフの離職率は非常に高く、1年しないうちにほとんどの人が辞めるといわれています。
このため、真面目に働いているだけであっという間にマネージャークラスに出世し、優秀な人材では3年で店長に昇進する例も珍しくありません。

最初は月収30万でも、1年で月収40万、3年で年収1000万円以上稼ぐことも不可能でないのが風俗スタッフという職業なのです。
普通の会社で働いていた場合、どんな大手でも1年で10万円も昇給するような会社はほとんどないと思います。
そして、最終的には独立すれば何億というお金を稼ぐことも可能です。

まとめ

風俗スタッフの給料は最初は25万円~30万円前後で、時給換算するとそこまで高いものではありません。
ですが、勤続年数とともに年収はどんどん上がっていきますし、出世スピードも非常に速いです。

関連記事

TOP
TOP